FC2ブログ

30のお題 Novel List

NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タ グ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete { display : none!important ; }

※尚、ユーザー タ グ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  スポンサー広告  

Edit] 

【 作品のご案内 】        --.--.-- ~  執筆

 スポンサーサイト 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  イラスト  

Illust  カーラアブル  30のお題  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2015.06.27 ~  執筆
描き始めたのがGW前、いったいどれだけ時間かかってるのさという問題はおいておいて、完成です^^;前回、crystarosh.blog.fc2.com/blog-entry-76.html の色ベースですが、多少いじってるので変わりましたね。一ヶ月以上放置すると、従来の飽きっぽさがなんともしがたく(笑)、大した絵でもないのに最後がなかなか進みませんでした。やはりこういうのは一気に仕上げないとダメですね^^;まあ、色塗り画面開いて、ブラウザゲー...

 らくがき:連載中の二人:完成 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

「読みきり短編」
  【30のお題】シリーズ  

30のお題  カーラアブル  マハヴィル  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2015.06.21 ~  執筆
 船のロイヤルスル(一番上の帆)まであろうかという巨大な水の柱。 螺旋にうねり、竜巻にも似ているが、その先には明らかに知性を感じさせる一対の目。「じぃさんっ!!」 ヴィーラが止めるよりも早く、カーラアブルが声も枯れそうなほどの叫び声をあげて師マギの元へと走り出した。どうやって対抗するのか、どうやって身を守るのかという冷静さは微塵もない。それでも彼から見れば、老人は自分が守られるよりも守るべき存在だ...

 1.居場所もしくは存在意義(30のお題)-10 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「読みきり短編」
  【30のお題】シリーズ  

カーラアブル  マハヴィル  30のお題  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2015.06.15 ~  執筆
「邪悪には邪道で対抗してみるかのう。セフィード、オディールの契約の羊皮紙をここへ」 カーラアブルが操舵室へ取り次がずとも、すぐにセフィードが螺鈿細工を施した黒檀の箱を抱えて梯子を上がった。 ワインのボトルが一本入るほどの横長の美しい木箱で、向かい合った二羽の黒鳥と、城主であり旧神であるといわれている竜の紋章を描いた札が、封印のように鍵穴のある場所に貼られている。「お持ちしました。なにを……?」 セフ...

 1.居場所もしくは存在意義(30のお題)-9 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「読みきり短編」
  【30のお題】シリーズ  

30のお題  マハヴィル  カーラアブル  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2015.04.25 ~  執筆
「ヴィーラ、上!」 甲板にいた全員の視線がメインマストの上に注がれる。 激しい雨に煙るメインマストの上に、明らかに雷ではない薄青い光が揺らめいている。 ヴィーラの判断と行動は一瞬で、傍らにいたカーラアブルを肩に担ぎ上げると、殆ど滑り降りるように甲板に降り立った。 ヴィーラの剣の柄が腹に食いこんだらしいカーラアブルはカエルのような声と猛烈な抗議の声を上げたが、ヴィーラは一顧だにせずまるで猫の子を投げ...

 1.居場所もしくは存在意義(30のお題)-8 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「読みきり短編」
  【30のお題】シリーズ  

カーラアブル  マハヴィル  30のお題  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2015.04.12 ~  執筆
 操舵室に戻ると、窓から見える空はすでに晴れておらず、風がひどくなっていた。古い船体の木材が軋む音が、いつもより大きく聞こえる。ヴィーラは甲板で外を確かめたいようで、そのまま出て行った。 左手の彼方には半島の輪郭がうっすらと見えるが、半島はどこをぐるりと廻っても切り立った崖で、とても上陸など望めない。崖を上がれば鬱蒼と茂った樹海のような森が半島のむこう側の海まで続く。そしてそこに住むのは人に対して...

 1.居場所もしくは存在意義(30のお題)-7 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。